レクサスのまとめ

レクサスを高く売る方法

レクサスを売るときには『買取』が高い理由

レクサス店で販売されている車は他のトヨタ系列店で販売している車よりも高値で買い取られています。

これは下取りも含めてのことなのですが、こうなる理由な何もレクサス店の車が優れているからではありません。

理由は2つ。

一つ目はまず消費者がレクサス店の車は高くて当たり前と思っている勘違いから起こるものです。

例えばレクサスの中古車を買おうとしている人がいるとします。

年式も古く、走行距離も過走行車といってもいいくらいの距離、ボディは傷だらけでも、「どうしてもレクサスが欲しい」というニーズはあります。

この時の購入者は「価格は高いけどレクサスだから仕方ないか..」と割高感を感じるものの、これが中古車市場での価値を上げることになり、それが最終的に買取店の買取価格を上げることになるのです。

そして二つ目は新車を購入するときに値引きを一切しないということです。

値引きをしないということはそれだけ高い金額を払うということ、高い金額を払って購入した車を安く売ろうとはしないため、買取店などで高い査定額が出されないと誰も売ってくれないということになるのです。

ですのでレクサス店の車を高く売ろうとするにはこれといって戦術はありません。

よく言われる買取店を選ぶとかきれいな状態にして持ち込むとかそんなことしかありませんし、それによって買取価格もわずかしか上がりません。

つまり何もしなくても高く売れるということです。

下取りに関しては絶対にトヨタ系列店で行うのが一番です。

メーカーとしてはトヨタの車のユーザーを他の自動車メーカーに渡したくないので、トヨタの車を買ってそのディーラーでトヨタの車を下取りにするというのが一番高くなります。

ちなみにやはり下取りよりは買取の方が高くなるので下取りは最終手段と思っておいたほうがいいでしょう。

 

買取価格が高いレクサスの車種

LEXUS RX450h

国産車の中では比較的高い金額で買い取られるといわれているレクサス店の車の中でも高く買い取られるモデルとそうでないモデルが存在します。

高く買い取られる車は基本的にレクサス店専売のもの、例えばISシリーズやLSシリーズ、GSシリーズなどです。

それからトヨタ系列に兄弟車があるモデルでもNXシリーズはまだ新しいモデルで物珍しさがあるということでハリアー同様に高い金額で買い取られているようです。

ISシリーズはもともとアルテッツァとして販売していたものをレクサス店で販売するために設けられた車で、レクサス店のセダンモデルの中ではスポーティーなイメージが強い車です。

現行モデルは3代目でGSシリーズのプラットフォームをそっくりそのまま使ったスポーティーセダンとなっています。

スポーツモデルが少ない現在、こういったスポーティーセダンあたりがちょうどよいのかもしれません。

LSシリーズは、レクサス店としては初めての車で、当時は日本でもセルシオとして販売されており、今でも当時のモデルがVIPカードレスアップ用の車として用いられています。

GSシリーズは、LSシリーズとISシリーズの中間的な位置にいるものラグジュアリーでありながら走らせるとよく走るという車で当初はアリストの兄弟車となっていましたが現在は吸収されてレクサス店専売モデルとなっています。

どのモデルも買取金額は好調で走行距離が短いものは、新車販売価格の1/2以上であることもざらです。

しかし、この車もトヨタの車、年式が古くなるとどんどん価値が落ちていく傾向が強いので高額買取だけを目指すのであれば兎にも角にも早く売ってしまった方がいいかもしれません。

 

今すぐ買取相場を知りたいなら

車を高く売るために一番大切なこと。

それは“それぞれに強みを持った複数の買取業者で査定をしてもらう”ことです。

ズバットの一括査定は最大10社の買取専門店、中古車販売店、輸出業者が競争入札!

45秒の簡単入力だけで買取相場がわかるので、売却検討中のかたも気軽にご利用いただけます。

今すぐ買取相場を見てみる


blank

blank

-レクサスのまとめ

© 2020 車のまとめ