ベンツのまとめ

ベンツを買うならヤナセとシュテルンどっちがいい?

メルセデス・ベンツの正規ディーラー

日本国内でメルセデス・ベンツやAMGの新車・認定中古車が買えるのは、正規ディーラーである『ヤナセ』か『シュテルン』になります。

どちらも『メルセデス・ベンツ日本株式会社』をインポーター(輸入卸業者)とする販売代理店ということになりますが、それぞれ別会社でありライバル関係にあります。

また現在では『ヤナセ』『シュテルン』という名称は店舗名として使われておらず、『メルセデス・ベンツ+地域名』で統一されているため、その違いは分かりにくくなっています。

ここでは、『メルセデス・ベンツ日本』と『ヤナセ』『シュテルン』の関係を整理し、それぞれの特徴などを紹介します。

ベンツの新車や認定中古車をお得に購入し、安心のサポートを受けるために役立てていただけると嬉しいです。

今すぐ買取相場を見てみる

市場に出回らない中古車を安く買う!

 

ヤナセとシュテルンの違い

メルセデス・ベンツ博物館

もともとの歴史を紐解くと、メルセデス・ベンツの国内販売は長年『ヤナセ』が輸入卸業(インポーター)と販売代理業を兼ねており、専売的な立場で商売をしていました。

ベンツを買いたければ『ヤナセ』で購入するしかなく、ライバルがいないためとても儲かったのです。

一方、日本市場の需要拡大のため、1980年代後半にダイムラー社(メルセデス・ベンツを製造している会社)が設立したのが『メルセデス・ベンツ日本株式会社』です。

これを機に、ベンツの輸入代理業はダイムラー傘下の『メルセデス・ベンツ日本株式会社』が行うようになり、販売をヤナセなどの正規代理店が行うという方針に変わります。

そして国内のベンツ販売を強化するべく、フランチャイズとして全国各地の企業を募ったのが『シュテルン』の始まりです。

『ヤナセ』はドル箱であった輸入卸業という立場を失うと同時に、『シュテルン』というライバル企業とも競争していかなくてはならない状況になったのです。

したがって、現在ではダイムラー社と資本関係がある直営店はなく、『ヤナセ』の直営店と『シュテルン』と呼ばれるフランチャイズの集まりがメルセデス・ベンツの正規ディーラーになっています。

しかし『ヤナセ』か『シュテルン』かの違いは、メルセデス・ベンツの公式ホームページでは分かりにくいため、Googleなどで店舗名を検索し会社情報を確認する必要があります。

例えば東京の店舗で探してみると『メルセデス・ベンツ渋谷』はヤナセが運営しており、『メルセデス・ベンツ世田谷』は全国で中古車販売店『ケーユー』などを展開するケーユーホールディングスが運営していることがわかります。

 

新車の値引きがしやすい『シュテルン』

『シュテルン』は上記のような立ち上げ経緯もあり、地元で国産車ディーラーなどを運営する中小企業が多いのが特徴です。

販売ノルマを達成するためには様々な営業努力が必要ですが、全国展開するヤナセに資本力や規模では到底敵いません。

そのため、シュテルン系のディーラーは“値引き”というサービスで『ヤナセ』に対抗している店舗が多いようです。

実際に購入した人の話でも、『値引きのしやすさならシュテルン』という認識が一般的になっているようです。

 

保証やサポートが強みの『ヤナセ』

経営の低迷により現在は伊藤忠商事傘下で経営再建中の『ヤナセ』。

長年の販売実績と全国の販売網は未だに強く、既存顧客数や販売・サポート体制は『シュテルン』を大きく上回ります。

また全国の店舗は『ヤナセ』の直営店で顧客情報が共有できるため、引越しをしても、旅行中などにトラブルが発生しても、どの店舗でもサポートが受けられます。

一方、他店で購入した客は相手にしないなど、未だに“殿様商売”をしているという意見が多いのも特徴です。

良くも悪くも顧客との長い付き合いが前提になっているため、新規顧客として値引き交渉をしても相手にされないという可能性も十分にあり得ます。

しかし『YANASE』ステッカーが信頼の証になっていることからも分かるように、価格よりもサポートを重視するならヤナセを選んで間違いはないでしょう。

 

ヤナセとシュテルンどっちがいい?

スリーポインテッド・スター
値引きのしやすさならシュテルン、保証やサポートを重視するならヤナセ。といいましたが、じつは値引きに関しては店舗ごと、また時期によっても大きく左右されます。

ヤナセやシュテルンの中でも、値引きをしてもらいやすいディーラーとそうでないディーラーがあるのです。

また【ベンツの新車値引き】のページでも説明している通り、購入するタイミングや条件によっても値引き額は大きく変わります。

ベンツの見積書
ベンツの新車値引き限界額を引き出す!【65万円得した事例も】

ベンツの値引き額は新型車だと“値引き額0円”というケースもありますが、タイミングによっては100万円以上の値引きになるこ ...

続きを見る

ベンツは高額商品のため、購入した後のサポートは大変重要です。

値引き額が良くても営業担当者の感じが悪く感じる場合は、アフターサポートのことを考えると購入を控えた方が良いでしょう。

逆に価格は高めでも信頼できる担当者や整備士がいることは、金額に代えられない大きなメリットがあります。

ベンツの新車を購入する際には、近隣のメルセデス・ベンツ正規ディーラーを調べて、複数の店舗を比較してみることをオススメします。

それぞれの特徴を理解した上で、実際にディーラーに足を運び自分の感覚で確かめるのが、ベンツのディーラー選びで一番間違いのない方法です。

 

今すぐ買取相場を知りたいなら

車を高く売るために一番大切なこと。

それは“それぞれに強みを持った複数の買取業者で査定をしてもらう”ことです。

ズバットの一括査定は最大10社の買取専門店、中古車販売店、輸出業者が競争入札!

45秒の簡単入力だけで買取相場がわかるので、売却検討中のかたも気軽にご利用いただけます。

今すぐ買取相場を見てみる


blank

blank

市場に出回らない安くて良質な中古車の見つけ方

ズバット車販売

「良質な中古車は価格が高いし、中古車の状態を見分けるのは難しいし…。」

中古車を買うなら安くて状態の良い車両を見つけたいですよね。

そんな方にオススメするのが非公開車両から中古車を探す方法

欲しい車の希望条件を出すだけで、市場にまだ出回っていない未使用車や、大手買取店が買い取ったばかりの優良中古車を紹介してくれます。

申し込みはお名前とメールアドレスのみ。営業電話も一切ありません。

チャットで気軽に相談できるので、安心して中古車探しができます。

お得な非公開車両を見てみる


blank

blank

-ベンツのまとめ

© 2020 車のまとめ