車検の費用 車検の費用はいくらくらい?

車検するならどこがいい?費用が安く済むのはどこ?

24か月点検中の日産マーチ

車検は、新車を販売する新車ディーラーだけが行うものではなく、車検専門の修理工場や、個人が経営する自動車修理工場、ガソリンスタンド、自分で行うユーザー車検など、車検を受けるのにたくさんの選択肢があります。

車検としての検査項目はどんな形態で車検を受けたとしても全く変わらず、方法によってある部分が免除されるようなことはありません。

しかし、同じ検査項目で車検を受けるのに、車検を受けるところによって大きく費用が変ってしますのです。

同じ検査なら、出来るだけ安い費用で行ってくれることにこしたことはありませんが、これには車検そのものよりも他の部分で大きな差が生まれるからなのです。

車検にかかる費用というのは実際の検査費用である自動車検査登録印紙代金と次の車検まで有効な自賠責保険料、そして自動車の重量によってきめられる重量税というものがかかります。

東京に住んでいて1.5トンクラスの車を持っている方ではこれだけで約7万円ぐらいかかりますが、この金額は整備工場の種類によって数百円違うだけで、基本的にはどこの場所でやっても同じ金額となります。

ではどこで差額が生まれるかというとそれは車検前整備費用なのです。

その車が車検に引っかからないように点検整備するためにかかる費用で、いわゆる定期点検と同じように整備工場側に支払われる費用なのです。

この費用が比較的高いのがディーラー車検、一番安いのが自分で行うユーザー車検といわれています。

今すぐ買取相場を見てみる

 

手間がかからない『ディーラー車検』

車検を受けようとして真っ先に頭に思い浮かぶのがこのディーラー車検ではないでしょうか。

それはそうです、普段から付き合いのあるディーラーの担当者に「車検お願いします」と電話一本かければ、車の引き取りから検査、事務手続き、納車に至るまですべてディーラー側がやってくれるのですからこんなに楽な車検はありません。

後は、車検費用を払えばそれで完了なのです。

この方法を選ぶ方は、選ぶというよりかこの方法しか知らない方が多く、特にディーラーとの長い付き合いを持つ年配者に多く見受けられることです。

しかし、その「知らない」という事によってかなり余計なお金を使っているという事にもなるのです。

ディーラーは、国から認可を受けた整備工場で、その場で検査を行うことができます。

それにあわせて、その車の純正部品なども常備しているか簡単に手に入れることができるので、ちょっとしたことでも簡単に部品や消耗品などを交換してしまう傾向があるのです。

それによって、検査前点検などに余計な費用などが掛かってしまい、実際に車検にかかる費用よりも割高になることが多くみられます。

ただ、一般の整備工場とは違って、車単位の専門知識や専門技術があるので整備面では他に劣ることはありません。

特に最近では電子制御部品が多く、ディーラーでしか手に入らない端末によって、点検や修理、調整などを行う車も多くなってきており、そういう車の場合は事実上、厳密な整備はディーラーでしかできないものとなっています。

整備面での質をとるのであれば、ディーラー車検が一番安心できるのではないでしょうか。

 

費用が安い『車検専門店』

近年、街中でもよく見かけることが多くなってきたのが車検専門店といわれる整備工場です。

ほとんどの場合が、有名どころのフランチャイズ工場という形で運営されており、店舗の見かけは有名な名前が軒を飾っているのですが、領収書などには、聞いたこともないような自動車整備工場の名前が書いていあることが多いのです。

従って、見た目的にはどういったところなのか少し理解に苦しむところもありますが、車検専門をうたっているのですから車検に関してはきちっとこなしてくれます。

このような店舗には2つのものがあります。

1つはフランチャイズを受けて、その車検だけに対応する車検専門パターン、そしてもう1つはもともと町の小さな整備工場だったのですが売り上げを上げるためにフライチャイズに賛同した兼業パターンがあります。

ほとんどが後者の兼業パターンが多く、兼業する仕事で多いのはやっぱり小さな自動車修理工場です。

中には、自前の整備工場の利用率を上げるためにタクシー会社が車検専門店として出店するという変わり種もありますが、どちらにしてもずぶの素人がもうけのために手を出したというものではないので、技術的には全く問題はないでしょう。

しかし、ディーラーとは違って、専用端末を使ったような厳密な検査・調整などはできず、ヘッドライトの光軸調整やサイドスリップなどの様な昔からある車検を受けるために最低限の整備しかできません。

ただ、ここで車を修理するというわけではなく、車検を通してくれればいいわけですから、その点に関しては全く問題はないでしょう。

費用も宣伝通りにかなり安いところが多く、プロの手で行う車検としては一番安く済むと思います。

 

急ぎの車検は『自動車修理工場』

普段あまり気にすることが無いような小さな町の自動車修理工場でも車検を行っているところがあります。

街の自動車修理工場で車検を受けるといっても、国から認定を受けてその工場内に車検の検査員が常駐する認定工場や、いわゆる「車検代行」といわれる車検に向けての整備などを自分の整備工場で行い、実際の検査は該当する車検場に持ち込んで検査を受けるというところもあります。

しかし、やっぱり安心できるのは認定工場として検査官が常駐しているところでしょう。

何よりも短時間で行えるのが大きなメリットです。

最近ではいろいろなところで「ワンデー・車検」とか「1時間車検」などと銘打って、車を朝に預けて、どこか遊びに行って、その帰りに車を引き取るという形で車検を受けることができるようになりましたが、これができるのが自分のところに認定検査官がいるところだけです。

車検代行を行っている場合では、整備に1日、車検場に持ち込んで1日と最低でも2日はかかります。

更に、車検場は、お役所なので土・日曜はお休みですので、その日に検査を受けることができないのです。

最近はほとんどが認定工場となっているので、車検代行という形をとっているところは少なくなりましたが、初めてその自動車修理工場で車検をお願いするときには、必ず確認しておきましょう。

 

車検代行なら『ガソリンスタンド車検』

車検といえば新車ディーラーや車検専門店、自動車修理工場などで受けるのが常套手段となっていますが、世の中には変わったところで車検を受けることができます。

最近よく見かけるのがガソリンスタンド、エコブームによってEVやハイブリッドカーが流行り、更に原油の高騰でガソリンや軽油だけを売っているだけでは、大きな利益が出なくなったために他の手段で利益を上げようというのがガソリンスタンド車検です。

ガソリンスタンドでの車検は、基本的には車検代行で、ガソリンスタンド内にある修理ピットで車検前整備と簡単チェックを行って、それを所轄の車検場に持ち込むというやり方が一般的で、中には休日も対応できるようにと、検査だけを提携している認定工場にお願いするというところもあるそうです。

費用は比較的安く済みます。

ガソリンスタンド以外でも意外なところといえばカー用品店です。

大型カー用品店では、購入した油液類やパーツなどをその場で取り付けるという取り付けサービスを行っていることが多く、それなりの設備が整ったピットを持っています。

要するにそのピットで整備をして、自前の認定検査員で車検を受けるという形になるのです。

全て同じ敷地内で行うので、非常にスピーディーでなおかつ値段も結構安いところがあるので、車検をどこで受けようか悩んでいる方は一考の余地ありだと思います。

 

一番安いけど大変な『ユーザー車検』

ここ最近注目を集めているのがユーザー車検です。

ユーザー車検は要するにディーラーや整備工場などの人の手を全く借りずに自分ですべて行うことによって、車検にかかる費用を抑えようというものです。

通常、ディーラーや整備工場の整備士が行うことを整備や、事務員や営業マンが行う事務処理などをすべて自分一人で行うのですから、かなりの整備技術や知識、車検の内容、手続き方法などを理解していなければできません。

タイヤも外したことが無い、オイル交換もしたことがないという方はこの方法は考えないほうが良いでしょう。

更に面倒くさがりやもこの方法はあきらめましょう。

車検はそうしょっちゅうやるものではなく、プロの整備士でない限りそうそう車検場などに行くことはないはずです。

そういった未知の世界に足を踏み入れるには、いろいろな準備が必要でとにかく足を使う事が多くなります。

それも面倒という方にははっきり言ってユーザー車検は向いていませんというよりかできないでしょう。

ユーザー車検は、それなりの整備ができる技術、細かな事務処理ができる繊細さ、何回でも足を運ぶ忍耐力、最低でもこの3つがそろって初めてできる車検だと思います。

一度ユーザー車検を経験してみるとディーラーや整備工場の整備士の大変さがよくわかります。

 

今すぐ買取相場を知りたいなら

車を高く売るために一番大切なこと。

それは、それぞれに違う強みを持つ複数の買取業者の査定額を比較することです。

一括査定なら最大10社の買取専門店、中古車販売店、輸出業者が競争入札!

45秒の簡単入力だけで買取相場がわかるので、売却検討中の方も気軽にご利用いただけます。

今すぐ買取相場を見てみる


-車検の費用, 車検の費用はいくらくらい?

Copyright© 車のまとめ , 2019 All Rights Reserved.