トラックのまとめ

トラックの買取査定で最高額で売る方法

トラックを売る際には、普通乗用車と同じように新車購入先ディーラーでの下取りや、買取店での査定を検討する方が多いと思います。

しかし、トラックの査定基準はとても曖昧で、実はディーラーや買取店はトラックを高く買取することができないことを知っている方はそれほど多くはないのでしょうか?

では、なぜディーラーや買取店がトラックを高価買取出来ないのか?

その理由は主に2つあります。

今すぐ買取相場を見てみる

 

ディーラーや買取店がトラックを高く買取れないのは本当?

トラックを最高額で売るにはどうすれば良いのでしょうか。

それはトラック買取の専門店に査定をしてもらうことです。

トラック買取の専門店がディーラーや買取店と違う点は、買取ったトラックを直接販売できることです。

どういうトラックが売れるのか、形状によってどれくらい価値が変わるかを把握しています。

また、国内だけでなく海外への輸出も行っているので、ディーラーや買取店では買取不可になるような、過走行や低年式のトラックでも高価買取することができます。

トラック買取の専門店は、これら国内外の需要を常に把握して、細かな部分も査定するノウハウを持っているので、どこよりも高くトラックを買取することができるのです。

トラックには買取相場がない?

1つ目はトラックの買取相場が確立していないことです。

普通乗用車であれば、車種、年式、走行距離がわかれば、大体の買取相場がわかります。

しかし、トラックの場合は取引台数そのものが少ないため、査定の評価基準になる買取相場自体が存在しないのです。

トラックの買取価格は上物で全然違う

2つ目は上物の形状によっても価値が全く違うことです。

車種やキャビンが同じでも、平ボディ、パネル、ダンプ、ユニック付、ダンプなど、上物の形状が買取価格に大きく影響するためです。

したがって、トラックの査定には専門性が要求されるのです。

つまり、ディーラーや買取店の査定では、トラックの買取に重要な上記2点が加味されず、本来の価値がしっかり評価されているとは言えません。

買取価格に自身が持てないために、絶対に赤字にならない価格で買取するか、買取不可とするか、この2つしかないのです。

 

トラックを売るならディーラーとトラック専門業者どっちがいい?

車を買い替えるときに自家用車であれば、ディーラーや買取専門店に持ち込むのが今の常識となっていますが、トラックだとしてもそれは同じです。

トラックを手掛ける大手自動車メーカーのディーラーでも下取りをしてくれますし、買取専門店もトラックや重機などを専門に扱うところが結構あります。

1つ気をつけてもらいたいところがディーラーにしても買取専門店にしても、トラックの場合は査定額に大きな違いがあるということです。

ディーラーの場合は査定基準があるので、どの系列店ディーラーでも同じような査定額になることが多いのですが、買取専門店の場合はそれが大手チェーン店を展開しているところであっても店舗によって査定額が大きく違うことが多いのです。

これはトラックなど商用車の査定基準や買取相場が確立されていないということなのです。

さらににトラックは、荷台部分につけられる“上物”によって査定額が大きく違ってくるため、同じトラックでも平ボディとパネル式では買取価格に大きな差があります。

ということは、買取専門店の選び方次第ではディーラーの査定額より大幅に高く買い取ってもらうことも可能だということです。

ディーラーの基準は販売価格から割り出した査定基準であって、車の善し悪し、上物の形状などはあまり考えられていません。

それならキチンと車を見てくれるトラックの買取専門店のほうが高価買取が期待できます。

 

トラック買取業者が高く買取できる理由


トラックを売るときにディーラーではなく、トラック買取専門で買い取ってもらうことにはいくつかのメリットがあります。

1つは、買取専門店はトラック買取に関する知識があることです。

トラックは一般的な自家用乗用車の様な査定価格の基準というものがありません。

それは圧倒的に買い取り実績が少ないからなのですが、確かに一般の買取専門店に大型トラックが止められているところを見たことがありません。

しかし、こういったトラックを専門的に扱っているトラック専門の買取専門店ではトラックの売買についてのことを熟知しており、持ち込まれたトラックの価値をよく知っているのです。

そしてもう1つ、独自の販売ルートがあるということも高価買取に一役買っている部分でもあります。

買取店というものは買い取った車を一定期間その買取店にとどめておくことになるのですが、それが大型トラックとなると乗用車の3台分にもなるスペースを確保する必要が出てきます。

敷地がある店舗であればいいのですが、ほとんどのところが賃貸の駐車場などを借りていることが多く、買い取ったトラックを置くためにコストがかかってしまうのです。

しかしトラック専門の買取専門店となると、独自の販売ルートなどが確立しており、短期間の保管だけですぐに店舗とは関連性のないところに移動させることができるのです。

これによってコストを低減させることができるのでそれは査定額にも影響してくるということです。

『買取専門店』と『トラック買取専門店』の違い

普段私たちがテレビや雑誌などでよく目にする自動車買取専門業者などは、「何でも買い取ります」とは言いながらも基本的には自家用乗用車の買取しかしていません。

実際にトラックやトレーラー、重機などの買取査定は対応していないところが大半です。

乗用車だって、トラックだって、クレーン車だって同じ車なのにどうして扱いが違うのでしょうか?

それは圧倒的に買取に関するノウハウの情報量が違うからです。

一家に一台以上とも言われている自家用乗用車であれば、数が多い分買取に出される機会も多くなり、それに伴って査定額の算出の仕方や買い取った後の車の扱い方などのノウハウがたくさん蓄積しているのです。

それによってどういったものがいいものでどういったものが好ましくないものという判断が簡単につくのです。

しかし、トラックなどはまず購入する方が圧倒的に少なく、ほとんどの場合は乗りつぶすことが多いので買取店に持ち込むという機会が少ないのです。

だからトラックを査定する知識もなければそのトラックがどれくらいの価値があるのかはわからないのです。

実はそこが通常の買取専門店とトラック買取専門店の違いなのです。

トラック買取専門店は、通常の買取専門店よりかなり多くのトラックを買取っています。

トラック買取の基準がなくても数を沢山あつかうことによって独自の基準というものを作ることができるのです。

ただ逆にいえば各店舗によって基準が違ってきますので、査定額に大きな差が出る難しさもあります。

トラック買取業者の選び方

車を売るときにはディーラーを下取りや買取専門業者などで買い取ってもらうことが多いと思いますが、これが例えば通常皆さんが乗っている乗用車ではなく、商用車や大型トラックではどうでしょうか。

あまり個人でトラックなどを売買することもないのでほとんど想像できないかと思われますが、ライトバンであろうが大型トラックであろうが、ブルドーザーであろうが乗用車と同じようにディーラーでの下取りやトラック買取専門店などでの買取などができるのです。

最近では、インターネット上にいろいろなトラック・商用車・重機専門の買取業者のWebサイトやそれらの会社が集まっている一括査定サイトなども見ることが多くなってきました。

トラックとなるとあまりなじみがないので目にすることも少ないのですが、マーケットははちゃんと整っている状態となっています。

このような業者に査定してもらう際に一番気になるのが「その買取店は安心か?」ということではないでしょうか。

乗用車の買取店ではかなり少なくなってきましたが、トラックや商用車という非常に限られた方に利用されるトラック買取専門店の中には悪徳業者と思われるところが結構あります。

それを見分けるのは非常に難しいのですが、ネット上にサイトがあるからといって安心できません。

一番いいのは買取専門店と名乗っていてもそれだけでなく、安定した販売ルートを持っていたり、手続きの代行などもきちんとやってくれたりする買取業者を探すことです。

 

トラック査定で最高額で売る方法とは?

トラックを最高額で売るための方法は、普通乗用車を売る時と同じように、複数の買取店に査定をしてもらい一番高いところに売るというとてもとシンプルなものです。

しかし、ディーラーや買取店と比べて店舗の数も少なく、さらに、出張査定に対応しているような専門店になるとさらに見つけにくいという難点があります。

複数のトラック買取の専門店に出張査定をしてもらいたいなら、やはりインターネットの査定サービスを活用するのが一番簡単な方法です。

インターネットからのお申し込みに対応するトラック買取の専門店は、サイト上からトラックの情報を入力するだけで、全国どこでも出張査定に対応しているので、無駄な手間が一切かかりません。

また、トラック買取の専門店であっても、業者により査定の評価基準は変わります。

つまり、それぞれに違った強みを持っているということです。

したがって、もしトラック査定で最高額で売りたいなら、最低でも2~3社、可能であれば5社前後に査定をしてもらうのが理想的です。

当サイトでは、「トラックを最高額で売る」という1点に絞り、オススメのトラックの買取専門店をご紹介します。

 

トラック買取専門店ランキング【2020年8月版】

トラックファイブ

株式会社ZEAL.G・P

ココがおすすめ

加点式の高額査定で減額なし!どんな車両でも買取&即現金化!

加点方式の査定と独自の販売ルートで、他社にはできない“薄利多買”の高額買取を実現。

国内はもちろん、アジア、アフリカ、ロシア等にも輸出可能なため、世界中で最も高値で取引されている相場での買取が可能です。

社名消し、名義変更等の面倒な書類手続きも無料で代行

創業18年で年間1万台以上の買取実績がある大手企業なので取引も安心です。

《簡単1分》無料査定スタート!


blank

blank

トラック王国

ココがおすすめ

何台でも即日現金買取可能!

トラック王国はお客様への直販、オークション、海外輸出など、35万件以上の市場データから一番最適な市場へ売却できます。

トラック販売・買取の専門店なので、過走行、低年式、車検切れ、廃車など、どんなトラックでも高価買取できるノウハウを持っています。

1社の査定額では納得いかない!」こんなときにオススメの買取業者です。

《簡単1分》無料査定スタート!


blank

blank

トラック一括買取王

株式会社スタクロ

ココがおすすめ

最大5社の買取業者に査定依頼できる!

たくさんの業者を比較するのは面倒!

そんな方にオススメなのが『トラック一括買取王』です。

国内・海外に販売ルートを持つ複数の専門店に一括で査定依頼ができます。

業者を比較する時間がなく、とにかく急いで売却したいときにオススメです。

《簡単1分》無料査定スタート!


blank

blank

 

低年式・過走行・車検切れのトラックでも高く売れる

年式が古かったり、通常よりも走行距離が多かったり、車検が切れていたりするトラックを売却したい時ってありますよね。

昔は使っていたが今は業務体系が変わって必要がなくなったということで、車検を切らしたまま車庫に保管していることもあるでしょう。

通常であれば、年式が新しくて、総走行距離もあまり進んでいなくて車検もちゃんと残っている車と比べたら、はるかに価値は低いものです。

しかしこういったトラックでも、きちんとしたトラック専門の買取専門店であれば喜んで買い取ってくれます。

車検切れであれば再度車検を取得すれば全く問題はないのですが、低年式車や過走行車などほとんど価値のないようなトラックをなぜ買い取ってくれるのか?

それはそういったトラックでも必要とする場所があるからです。

その場所は日本ではなく、アフリカや東南アジア、南米などの発展途上国です。

よくテレビのドキュメント番組などで日本の企業名がかかれたトラックや日本ではとうの昔に消え去った古いトラックなどが街中を走っているシーンを見ることがありますが、実はそれが日本で買い取った過走行車や低年式のトラックなのです。

まだまだ走ることができる車であれば発展途上国では有効に使うことができるのです。

こういったことがあるので、日本でいうところの「状態の悪いトラック」でも買い取ってくれるのです。

古いから、たくさん走っているからという事であきらめないで、トラック買取専門店での査定をうけてみましょう。

 

トラックの査定額をアップさせるポイント

自動車の査定額が高くなる条件というのは、一般的な乗用車であれば、「新しくて」「きれいで」「走行距離が少ない」というのが相場です。

もちろんトラックでも同じことが言えるのですが、トラックならではの重要なポイントといえるのが「ワンオーナー」、「無事故車」、「無修理車」ということです。

トラックというものは仕事をするうえで欠かせない道具として使われるもので、使う側からすれば出来るだけ安く仕入れたいものです。

しかし、二トン車クラスでだいたい400万円前後、4トン車で600万円前後、10トンを超える大型トラックでは高級外国産車が買える1000万円ほどの価格となっているのではそう簡単には買うことはできません。

そこで資金力がない企業などでは中古トラックを買うことになるのですが、そういった流れがトラックの流通では当たり前となっているのです。

そうなると中古車のまた中古車を購入することもあり、いろいろなオーナーを渡り歩いてきた車はいろいろな扱いを受けているのでかなり傷みが激しくなるのです。そこで痛みの少ないワンオーナー車が持てはやされるのです。

更に無事故・無修理という点も、乗用車よりも長い間運転していることが多いトラックでは事故を起こしたり、どこかにぶつけたりする確率も上がります。

いつしか程度が悪くても当然という考え方がトラックでは当たり前となってしまい、逆に傷みが少ないトラックが持てはやされ価値が高くなるのです。

 

商用車と自家用車の売却時の違い

趣味のためや家族のために購入した自家用車と仕事のために購入した商用車では売るときにどんな違いがあるのでしょうか?

車をディーラーや買取専門店などで査定してもらうことや、実際に売るときの手続きなどは基本的には自家用車も商用車も同じです。

必要となる書類も個人か法人かの違いだけでそれ以外は全く同じです。

従って商用車だからといって何か特別なことをする必要はありません。

ただ、その買取に至る前の査定の段階で違いが生まれます。

それは同じ年式、状態、走行距離でも商用車のほうが査定額が低いということです。

これは商用車が乗用車よりも装備やインテリア、使用している素材などが簡素であることが大きな原因となっており、今でこそ当たり前の装備となっているエアコンやパワーウィンドウ、ワンボックスカーであれば電動スライドドアなどは標準装備やオプション設定すらされていないものもあるのです。

エアコンやパワーウィンドウ、カーナビ、電動スライドドア、4スピーカーなどは商用車としてみれば贅沢品であり、それを装備するぐらいだったら車両価格を下げたほうが企業などが導入しやすいのです。

装備以外でもインテリアの質感が悪かったり、エンジンがチープなものであったりすることが多く、車としての価値が非常に低くなるので、商用車は低い査定額になることが当たり前となっています。

ただ一部の商用車に関しては乗用車と同じぐらいの装備を持つものがあり、そういった車の場合は乗用車並みの査定額が出されることもあります。

ただこれはあくまでの例外であって、基本的には商用車の査定額は低いと思ったほうがいいでしょう。

 

今すぐの買取相場が知りたいなら

株式会社スタクロ

トラックの買取相場が知りたい!でもたくさんの業者を比較するのは面倒…

そんな方にオススメなのが『トラック一括買取王』です。

国内・海外に販売ルートを持つ複数のトラック買取専門店(最大5社)に一括で査定依頼ができます。

手間をかけずに高価買取の業者が見つかるので、

とにかく急いで売却したい」「売る前に大体の相場を知っておきたい」こんな方にオススメです。

《簡単1分》無料査定スタート!


blank

blank

-トラックのまとめ

© 2020 車のまとめ