軽自動車のまとめ 軽自動車を安く買う

軽自動車の中古車・新古車を安く買う方法【車種ランキング2020年版】

激安中古車のプライスボード

「軽自動車の中古車安く買いたい!」

そう考えて探してはみるものの、軽自動車の中古車は高いと感じている方もいるかと思います。

軽自動車はリセールバリューが高いメリットがある一方で、中古車価格が高いというデメリットもあります。

さらに、軽自動車は新車も中古車も大幅な値引きは期待できません。

少しでも安くと中古車や未使用車を探しみても「支払い総額が新車と変わらない」というケースは珍しくないのです。

でも大丈夫です。軽自動車の中古車や新古車を安く買う方法はあります。

  • いま一番安くてお得な車種が知りたい
  • 激安の中古軽自動車を見つけたい
  • 軽自動車を安く買って高く売りたい

もしそう考えているなら、まだ市場に出回っていない中古車から希望条件に合った軽自動車を探す方法がおすすめです。

軽自動車の中古車選びで損をせずに賢く乗る方法をご紹介します。

市場に出回らない中古車を安く買う!

今すぐ買取相場を見てみる

 

軽自動車を安く買うなら新車?中古車?

初代N-BOX(JF1/2型)

軽自動車を買うならできるだけ安く、そして売るときも高く買い取ってもらえるのが理想ですよね。

軽自動車は新車・新古車・中古車どれを買うのが一番お得なのか、購入・維持・売却のトータルでそれぞれの特徴をまとめて比較します。

新車を買う

新車のメリットはグレード、ボディカラー、オプションなどが自由に選択できることです。

また、アフターサポートを重視する人なら、メンテパックなどディーラーのサービスに加入することも出来ます。

今一番の売れ筋車種で中古車や新古車の価格が高いスーパーハイトワゴンは新車で買うのがおすすめです。

しかし、総額で200万円以上と高額になる車種も多く、ローンや各種オプションを含めた支払い総額から総合的に判断する必要があります。

もっと詳しく
新車の契約書
軽自動車の新車値引きで限界額を引き出す方法

軽自動車の新車価格は70万円から一番高いもので260万円台まで、最大で200万円弱の価格差があります。 しかし軽自動車は ...

続きを見る

新車はこんな方におすすめ

  • 廃車するまで乗り続けたい
  • 購入後のトラブルやメンテナンスに不安がある
  • 好きなグレード・カラー・オプションを選びたい

新古車(未使用車)を買う

販売台数を稼ぐためにディーラーが自社購入した軽自動車が中古車市場に沢山出回っています。

登録済みのため扱いは中古車となりますが、未使用のため中身は新車そのもの。

それでいながら新車よりも10~20万円ほど安く買えるのでお得です。

車検の期間も長く新車保証もついているので、購入後のトラブルなど維持費の心配をする必要もありません。

一方で人気車種は新古車が少なく、オプションやカラーなども今ある在庫車の中から選ばなければいけないデメリットがあります。

新古車はこんな方におすすめ

  • とにかく安く新車を買いたい
  • 2~3年ごとにお得に買い替えたい
  • 維持費を安く抑えたい

中古車を買う

中古車のメリットは購入予算に合わせた軽自動車選びができることです。

一方で車両の状態は前オーナーの使い方に大きく影響されるため、安心感という部分では不安が残ります。

また、軽自動車は“維持費を安く抑えたい”という需要もあるため、年式が古く走行距離が多い中古車の価格は割高です。

したがって、できるだけ新しく走行距離の少ない中古車を選ぶほうが結果的に損をしないで乗ることができます。

中古車はこんな方におすすめ

  • 予算が決まっている
  • カスタムを楽しみたい
  • 絶版車を買いたい

 

中古車が安い軽自動車ランキング【2020年8月版】

では今軽自動車を買うとしたら、どの車種が安くてお得なのでしょうか?

新車販売価格から3年落ち3万キロの値下がり率をもとに、安く買えて高く売れる軽自動車の車種(グレード)ランキングをご紹介します。

ランキングメーカー・車種グレード値下がり率
1位ダイハツ・ミラバンXスペシャル57%
2位三菱・eKカスタムG57%
3位三菱・eKワゴンM56%
4位スズキ・アルトF52%
5位ホンダ・N-ONEG51%
6位日産・デイズX50%
7位日産・モコX50%
8位スズキ・ワゴンRFA48%
8位日産・デイズルークスS47%
9位スズキ・アルトバンVP46%
10位スズキ・ラパンS45%

※残価率及び値下がり率は計測時期により変動があります。

値下がりの大きい『トールワゴン』が狙い目!

2020年8月に購入すると一番お得なのはトールワゴン。

2016年の燃費偽装問題で三菱と日産の軽自動車『eKワゴン』『eKカスタム』『デイズ』は中古車相場が大幅下落。

また中古車で人気の『スズキ・ワゴンR』や『ホンダ・N-ONE』もグレードによっては値下がりが大きくなっています。

上記の車種は2~3年落ちの比較的新しい中古車が新車の半額以下(業者オークションの取引相場)で取引されています。

激安中古車なら『ボンネットバン』

激安中古車をお探しなら『ミラバン』『アルトバン』に注目。

高年式・低走行車を40万円前後で買うことも可能です。

とにかく安い中古車が欲しいという方にピッタリの1台です。

スーパーハイトワゴンなら『デイズルークス』

スーパーハイトワゴン(N-BOX、タント、スペーシア)は中古車価格が高いですよね。

しかし、デイズルークスならライバル車より中古車を2割近く安く買うことができてしまうのです。

スーパーハイトワゴンの中古車がこんなに安く買えるのは、燃費偽装問題の影響が残る今だけです。

 

中古軽自動車の賢い買い方

ワゴンR(4代目 MH23S)

軽自動車の人気車種は中古車価格が高くなかなか値下がりしません。

かと言って安い軽自動車を購入しても、維持費がかかって結果的に損をしてしまうことがあります。

そこでオススメしたいのが2~3年落ちの中古車です。

軽自動車の人気車種は新車から3年落ちで20%ほどしか値下がりしません。

その一方で2年から3年で新車の半額程度まで価値が下落する車種があります。

上記でご紹介した『デイズ』『デイズルークス』『eKワゴン(eKスペース)』はその代表例です。

2~3年落ちの中古車は値下がりしにくい

あまり知られていませんがもう一つ大きなメリットがあります。

それは3年落ち以降の値下がりが非常に少ないことです。

例えば、3年落ち3万キロの中古車を60万円を買ったとします。

2年後に5年落ち5万キロで手放しても60万円前後で売れてしまうのです。

実際に業者オークションの取引相場を見ても、3年落ちと5年落ちで大きな価格差がないのが特徴です。

維持費を安く抑えられる

3年落ち中古車は消耗してる部品も少なく、日常的なメンテナンスさえしっかりしておけば、突然大きな故障に見舞われる心配もありません。

一方で5年落ち以降になると、前オーナーの使い方によって車両状態は大きな違いが出てきますし、消耗品の交換なども必要になってきます。

それでいながら中古車の価格に大きな差はないため、少し高くても新しい中古車を選ぶのが無難です。

総額15万円以下の中古車には注意

支払い総額が10万円~15万円の激安中古車には注意が必要です。

このような軽自動車は業者オークションで0~5万円ほどで取引されている中古車です。

つまり、誰も欲しがらない中古車を安く仕入れて、ほとんど整備もされないまま売られているものが大半です。

支払い総額の大半は手数料など店舗の利益です。

もちろん、もともと価値が0円の中古車なので、買ってすぐに売っても買取価格は0円です。

金額よりも状態を重視するほうが、維持費もかからず高く売れるので断然お得なのです。

 

軽自動車の中古車を安く買う方法

軽自動車はもともと利益率が高くないため、新車も中古車も新古車も値引きはないと考えておくほうが良いでしょう。

ではどうすれば安く買うことができるのでしょうか?

それは、軽自動車の中古車が安く買える時期に、まだ市場に出回っていない中古車に狙いをつけて探すことです。

中古車を購入するのにオススメの時期は?

ディーラー決算月の3月と9月(繁忙期)は中古車相場も高め。

一方で閑散期の4月と12月は中古車相場が下落するため狙い目です。

しかし、欲しいと思った中古車がその時期に重なるとは限りませんし、繁忙期は決算セールなどで安く買えることもあります。

中古車の場合は買いたいと思ったタイミングで買うのが結局のところ一番お得なのです。

市場に出回っていない中古車を狙う

中古車販売店に並ぶ軽自動車が高い理由。

それは、仕入れや維持にかかるコストや、売れない間に価値が目減りしていくリスクを含めた価格設定になっているからです。

つまり、まだ店頭に並ぶ前の中古車を買うことができれば、余計なコストを削減し中古車販売店よりも安く軽自動車を買うことができるのです。

今まではネットや雑誌で中古車を探して、店頭に並んだ在庫車を買うのが一般的でした。

しかし現在では、まだ市場に出ていない中古車を日本全国(業者オークションなど)から探してもらえるサービスがあります。

状態の良い軽自動車を少しでも安く買いたいなら是非活用してみましょう。

 

まとめ

軽自動車は中古車が高いイメージがありますが、じつは一時的に大きく相場が下して格安で購入できる車種がいくつもあります。

安く買えて、維持費もかからなくて、高く売れる”こんなことが可能なのは軽自動車だけのメリットです。

一方で予算だけを重視して状態の悪い中古車を選ぶと大きな損をしてしまうことになります。

軽自動車の中古車は予算を少し上げてでも状態の良い車両を買うことをおすすめします。

軽自動車の買い方は、リセールバリューの高い人気車種なら新車、それ以外の車種は新古車や高年式の中古車を買うのが一番お得です。

まだ市場に出回っていない中古車には安くて状態の良い沢山の軽自動車があります。

車探しサービスを活用してぜひ掘り出し物の中古車を探してみてください。

 

市場に出回らない安くて良質な中古車の見つけ方

ズバット車販売

「良質な中古車は価格が高いし、中古車の状態を見分けるのは難しいし…。」

中古車を買うなら安くて状態の良い車両を見つけたいですよね。

そんな方にオススメするのが非公開車両から中古車を探す方法

欲しい車の希望条件を出すだけで、市場にまだ出回っていない未使用車や、大手買取店が買い取ったばかりの優良中古車を紹介してくれます。

申し込みはお名前とメールアドレスのみ。営業電話も一切ありません。

チャットで気軽に相談できるので、安心して中古車探しができます。

お得な非公開車両を見てみる


blank

blank

今すぐ買取相場を知りたいなら

買取業者をじっくり選んで最高額で売りたい

それなら“それぞれに強みを持った複数の買取業者で査定をしてもらう”のがオススメです。

カーセンサーの一括査定は最大30社の大手買取専門店、中古車販売店、輸出業者が競争入札!

国産車から輸入車、軽自動車まで、どんな車種でも廃車や事故車でも高価買取が期待できるのが強みです。

買取業者を選べばしつこい営業電話もないので、買取相場を知りたいかたも気軽にご利用いただけます。

今すぐ買取相場を見てみる


blank

blank

-軽自動車のまとめ, 軽自動車を安く買う

© 2020 車のまとめ