軽自動車のまとめ 軽自動車を安く買う

軽自動車の新車値引きで限界額を引き出す方法

新車の契約書

軽自動車の新車価格は70万円から一番高いもので260万円台まで、最大で200万円弱の価格差があります。

しかし軽自動車は普通車と比べて価格が安く、ディーラーの利益率も低いため、新車価格の高いモデルでも値引きが0円というケースが珍しくありません。

新車は“車体価格に合わせて値引き額も大きくなる”イメージがありますが、軽自動車の場合には、限界の値引き額が最初から決められています。

そのため、どうしても軽自動車の値引きは少ないと感じてしまうのです。

軽自動車の値引きは簡単ではありませんが、値引き額をアップさせるための方法はいくつかあります。

ここでは、軽自動車の限界値引きを引き出して、新車を安く買うための方法についてまとめました。

今すぐ買取相場を見てみる

市場に出回らない中古車を安く買う!

 

軽自動車の値引き相場はいくら?

軽自動車の新車値引き相場

  • 車体価格:5~15万円
  • オプション価格:5万円

値引き率にして車体価格の5~10%が値引きの平均値です。

値引き相場は10万円前後、オプションと合計して20万円が限界の値引き額になります。

また軽自動車は車種や時期によって値引き額が大きく変わります。

例えば、モデルチェンジ直前の旧型は値引き額が大きくなり、意外と簡単に限界値引きが引き出せます。

しかし、新型モデルや競合が少ない車種(S660、コペン、ジムニーなど)は”値引きなし”というケースが見受けられます。

どのメーカーや車種の値引き額が大きいのか”は気になるところですが、値引き額はディーラーオプションや支払方法(ローン or 現金)、下取りする車によっても大きく変化します。

軽自動車のリセールバリューランキングのような『値引き車種ランキング』が存在しないのは、上記のような理由があるからです。

 

限界値引きを引き出すための交渉方法

軽自動車の見積書

ライバル車種の見積もりを取る

一番簡単な方法は『タント』なら『N-BOX』や『スペーシア』、『ムーブ』なら『ワゴンR』や『N-WGN』など、ライバル車の見積もりを取ることです。

また『アルト』と『キャロル』、『デイズ』と『ekワゴン』などOEM車と比較するのも良いでしょう。

ディーラーは本気で買う人以外には限界値引きを出しません。

本気度を見せるためには、必ずライバル車の見積もりを持参し、良い金額が出れば今すぐ決めるという気持ちで交渉しましょう。

ディーラー(販売会社)で比較する

ジムニーなどライバル車がない車種は、違う販売会社どうしで比較する方法があります。

例えば、スズキのディーラーは千葉県には3社(千葉スズキ販売、スズキ自販千葉、スズキ自販京葉)あります。

同じスズキディーラーでも会社が違えば見積もりの内容は異なります。

もしお住まいの地域の周辺に複数の会社がある場合は、それぞれの店舗で見積もりを出してもらいましょう。

“下取り車なし”で見積もり

ディーラーの下取り価格はとても安い上に、新車値引きでも損をする可能性が高いため、必ず下取り車なしで見積もりしてもらい、売却予定の車は買取業者で見積もりを比較しましょう。

もっと詳しく
N-ONE(JG1)
軽自動車のディーラー下取りはなぜ損をするのか

“ディーラーの下取り”と“専門店での買取”、軽自動車が一番高く売れる方法はどっちでしょうか? 実際に車を買い替える時には ...

続きを見る

新古車・未使用車を狙う

「どんなに交渉しても予算内に収まらない!」そんな時は新古車・未使用車を検討しましょう。

登録の関係で中古車扱いとなりますが、内容は新車そのものです。

保証やサポートも受けられて、新車より20万円以上安く買うこともできます。

注目
ディーラーに並ぶ人気の軽自動車
軽自動車の中古車・新古車を安く買う方法【車種ランキング2020年版】

「軽自動車の中古車安く買いたい!」 そう考えて探してはみるものの、軽自動車の中古車は高いと感じている方もいるかと思います ...

続きを見る

 

新車値引きがしやすい時期

値引きのタイミング

軽自動車の値引き額が大きくなる時期。

それは車の売買が1年でもっとも活発になる1~3月です。

とくに3月は決算期を迎えるディーラーも多いため限界値引きが引き出しやすくなります。

それとは逆に値引きが引き出しにくいのが、車の取引が落ち着く4月と12月です。

閑散期には、一見お得そうなキャンペーンを実施しますが、その分値引き額が減らされてしまうので意味がありません。

また通常時であれば、月初よりも月末のほうが値引きしやすいといわれています。

これは営業マンの予算達成などによる影響が大きいからです。

新車値引きでは交渉ももちろん大切ですが、値引きしにくい時期に交渉で粘るよりも、値引きしやすい時期に交渉するほうが簡単に値引きをしてもらえます。

 

【まとめ】軽自動車の新車値引きで限界額を引き出す方法

値引きのコツを教える女性値引きで失敗する一番の理由は値引き額に執着しすぎることです。

「自分は5万円の値引きが限界だったのに、口コミサイトでは20万円値引きの人がいる」

この人がどんなに頑張って交渉しても、値引き20万円は不可能でしょう。

なぜなら、軽自動車の値引き額は、ローン、保険、メンテパックなど、車体以外のサービスへの加入、下取り車の有無によって全く違うからです。

とくに値引き額が相場以上のケースでは、下取り価格を削られていることがほとんどです。

もし下取りに出さずに買取専門店で査定すれば、購入と売却でもっとお得だったことでしょう。

同じ時期に同じ車種を買った人でも、値引き額に10万円以上の差が出るのにはそんな理由があります。

なので口コミを信用しすぎるのも良くありません。

また旧型は値引きが大きくなりますが、モデルチェンジによってリセールバリューも大きく下がるため、5年以内に売る予定があるなら、値引きが少なくても新型を買ったほうが良い場合もあります。

このように、軽自動車の新車値引きでには、いくつかの抑えるべきポイントがあります。

これらのポイントを意識していただければ、軽自動車の値引きで失敗することはまずないといって良いでしょう。

値引き相場、交渉方法、時期、下取りと買取、これらの条件をしっかり整理して交渉にのぞめば、意外と簡単に値引き額を引き出せます。ぜひ試してみて下さい。

 

今すぐ買取相場を知りたいなら

買取業者をじっくり選んで最高額で売りたい

それなら“それぞれに強みを持った複数の買取業者で査定をしてもらう”のがオススメです。

カーセンサーの一括査定は最大30社の大手買取専門店、中古車販売店、輸出業者が競争入札!

国産車から輸入車、軽自動車まで、どんな車種でも廃車や事故車でも高価買取が期待できるのが強みです。

買取業者を選べばしつこい営業電話もないので、買取相場を知りたいかたも気軽にご利用いただけます。

今すぐ買取相場を見てみる


blank

blank

市場に出回らない安くて良質な中古車の見つけ方

ズバット車販売

「良質な中古車は価格が高いし、中古車の状態を見分けるのは難しいし…。」

中古車を買うなら安くて状態の良い車両を見つけたいですよね。

そんな方にオススメするのが非公開車両から中古車を探す方法

欲しい車の希望条件を出すだけで、市場にまだ出回っていない未使用車や、大手買取店が買い取ったばかりの優良中古車を紹介してくれます。

申し込みはお名前とメールアドレスのみ。営業電話も一切ありません。

チャットで気軽に相談できるので、安心して中古車探しができます。

お得な非公開車両を見てみる


blank

blank

-軽自動車のまとめ, 軽自動車を安く買う

© 2020 車のまとめ