BMWのまとめ

BMWバリューローンのメリットとデメリット

BMWの新車・認定中古車を購入する時に、ローンを検討している方も多いのではないでしょうか?

BMWの残価設定型ローンは『BMWバリューローン(MINIバリューローン』とよばれ、車体価格の一部(残価)の支払いを最終回の支払いに据置くことで、毎月の支払額を軽減できるメリットがあります。

月々1万円台からBMWの新車に乗れる」ことから、新車をローンで購入する7割のユーザー選ばれている人気のプログラムとなっています。

  • 月々の支払額が安くなる
  • 頭金を用意する必要がない
  • ワンランク上のBMWに乗れる
  • 新車の買い替えがお得になる

上記のようなメリットがあるBMWの残価設定型のローンですが、内容を理解せずに契約してしまうと、後々になって後悔することになります。

BMWバリューローンとはどんな仕組みなのでしょうか。メリットやデメリットについてご紹介します。

今すぐ買取相場を見てみる

市場に出回らない中古車を安く買う!

 

BMWバリューローンとは

BMWのローンは大きく分けて、『スタンダードローン』と『バリューローン』の2つの支払い方法があります。

スタンダードローンは支払い回数やボーナス払いなどを選択し、分割された車両購入金額を毎月返済していく、いわば通常のローン。

一方でバリューローンは、返済期間を3年・4年・5年のいずれかを選択し、将来(ローンが終了する3~5年後)の車の査定額(残価)を車両価格から差し引き、残高を月々の支払いで返済していく仕組みです。

また残価を設定するの条件として、年間走行距離9,000km以下を目安としており、走行距離が基準を上回る場合には減額となります。

キズやヘコミ、事故・修復歴に関しても同様で、改造・カスタムなども契約違反となるので注意が必要です。

オープンタイプとクローズドタイプの違い

BMWの残価設定型ローンには“オープンタイプ”と“クローズドタイプ”の2種類のプログラムがあります。

簡単にまとめると、据置額が変動するタイプ(バリューローン)と据置額が保証されているタイプ(フューチャー・バリューローン)の違いがあります。

BMWバリューローン(オープンタイプ)

据置額はあくまで目安で、ローン精算時の残価は中古車市場の実勢価格に合わせて変動します。

据置額が市場価格を下回る場合には追金が発生し、上回る場合はキャッシュバックされます。

BMWフューチャー・バリューローン(クローズドタイプ)

据置額が保証されていますが、オープンタイプに比べて据置額はかなり低めに設定されています。

車両の買い替えや返却がスムーズにできるメリットはありますが、市場価格が高い場合には損をすることもあります。

BMWバリューローンの支払い方法

ローンの最終回は下記3つのいずれかの方法を選ぶことができます。

残金一括払い

据置額を現金一括返済することによって、車両を購入し乗り続けることが可能になります。

再ローン・ローン延長

ローンの借り換え(BMWバリューローン・プラス)をおこない、据置額を分割で支払うことによって、乗り続けることが可能になります。

車両の返却

据置額と買取価格が同じであれば返却して終了ですが、差額が発生する場合は追金の精算が必要です。

 

バリューローンのメリットとデメリット

BMWバリューローンのメリットは、資金面の心配をすることなく、好きなBMWを選ぶことができることです。

スタンダードローンと比較して、大きな頭金を用意することなく、月々の支払い負担も少なくできるため、グレードを上げたり、オプションを追加することができます。

またフューチャー・バリューローンなら、据置額が保証されているため、将来の値下がりを心配することがなくスムーズな新車の買い替が可能です。

このように、メリットが前面に押し出されたバリューローンですが、当然デメリットもあります。

それは、スタンダードローンに比べて余分に手数料(利息)を支払わなければならないことです。

金利が低く、毎月の支払い額も少ないバリューローンですが、据置額に対しても利息がかかるため、トータルの支払額はスタンダードローンよりも多くなります。

また一部繰り上げ返済や契約年数の変更、ローンの組み換えは不可となっており、契約変更をするなら一括返済してからの再契約が必要です。

また、途中解約する際には据置額と買取額に大きな差額(追金)が発生します。これは、返済額よりも市場価値の下落ペースのほうが早いためです。

3~5年間乗り続ける(利息を払い続ける)ことが前提のプログラムのため、途中解約すると大きな損をする仕組みになっているのです。

バリューローンを利用するなら、将来の買い替えプランに絶対に変化がなく、次もBMWの新車に乗り換えるという方にはメリットがありそうです。

しかし、今後のプランが不明確であり、とくにBMWだけにこだわらないなら、支払額が安いというだけで安易に利用することはオススメできません。

 

BMWバリューローンで失敗しないために

トータルのコストは高いものの、資金面に不安がある方にとっては非常に魅力的なローンだといえます。

しかしバリューローンがお得か見分けるには、手数料よりも据置額に目を向けなければいけません。

BMWのホームページには、下記のような記載があります。

高品質、耐久性、安全性を追及するBMWだからこそ実現した高い据置額により月々のお支払額を軽減する事ができます。

しかしBMWのリセールバリューは国産車などと比較して決して高くはありません。

ディーラーが設定する据置額よりも、買取店などで売却するほうが高くなるケースのほうが多いのが事実です。

つまりバリューローンとは、新車にスムーズに乗り換えし続けてもらうためのプログラムなのです。

BMWの新車に乗り換えれば追金が発生しない。」との口コミなどもありますが、その分値引きは削られているため、BMWに買い替えるとお得とは言い切れません。

買い替えの際には下取り(買取)、値引き、ローンは分けて考えて、本当にお得かどうかを判断しましょう。

 

今すぐ買取相場を知りたいなら

買取業者をじっくり選んで最高額で売りたい

それなら“それぞれに強みを持った複数の買取業者で査定をしてもらう”のがオススメです。

カーセンサーの一括査定は最大30社の大手買取専門店、中古車販売店、輸出業者が競争入札!

国産車から輸入車、軽自動車まで、どんな車種でも廃車や事故車でも高価買取が期待できるのが強みです。

買取業者を選べばしつこい営業電話もないので、買取相場を知りたいかたも気軽にご利用いただけます。

今すぐ買取相場を見てみる


blank

blank

市場に出回らない安くて良質な中古車の見つけ方

ズバット車販売

「良質な中古車は価格が高いし、中古車の状態を見分けるのは難しいし…。」

中古車を買うなら安くて状態の良い車両を見つけたいですよね。

そんな方にオススメするのが非公開車両から中古車を探す方法

欲しい車の希望条件を出すだけで、市場にまだ出回っていない未使用車や、大手買取店が買い取ったばかりの優良中古車を紹介してくれます。

申し込みはお名前とメールアドレスのみ。営業電話も一切ありません。

チャットで気軽に相談できるので、安心して中古車探しができます。

お得な非公開車両を見てみる


blank

blank

-BMWのまとめ

© 2020 車のまとめ