ハイエースのまとめ

ハイエースを売るなら輸出専門店

ハイエースは日本国内で海外需要に影響を受け、高い人気を持っているわけで、そういった車を売却するにもどこでも比較的高い金額で売ることができると思います。

下取はまた別次元としても、いわゆる売却という言葉でくくれるような、買取店や中古車販売店の買取サービス、専門店などこういったところであれば、単なる商用バンとは思えないような金額で買い取られることになります。

これは最近の中古車市場の流れが大きく変わってきたことによって起こっていることで、それまでは国内で出た中古車は国内で消費するという考え方が強く、こういったハイエースを買い取る業者も国内中古車車市場をメインとした商売をやっていました。

しかし、ハイエースのように日本国内で中古車として売るより海外へ輸出した方が大きな儲けを出せるという車が増えてきたことによって、車を買い取る側も輸出も頭に入れた買取を行うようになったのです。

ですので、一昔前よりハイエースの買取価格が全体的に高くなってきたわけです。

ただ、これよりももっと高く売ることもできます。

それは国内需要と海外需要の両方での商いを行っている買取店などではなく、輸出目的だけに車を買い取るいわゆる輸出専門店なるところです。

輸出専門店は、完全に輸出するだけの車を買い取るところで、中には店舗すら持たないところもあります。それから外国人が経営していることもあり、一見怪しそうに見えますが、金払いはいいようです。

ただ、店舗を持たない、持っていても小さい、片言の日本語しかわからない人がいるといったところであっても、買取価格としては一般の買取店や中古車販売店など比べてのはるかに高いことが多くなります。

これには中間マージンを取る部分があまりないということから、それこそ売値に近い金額で買い取られることになるからです。

売る側にしても買取価格が高く、お金もきちんと払ってくれる、名義変更や廃車手続きもきちんとしてくれれば売り渡した車がどこへ行こうが何に使われようが関係ない話ですので、高い買取価格を狙うのであればこういったところで売るのもいいかもしれません。

もちろん日本人が経営し店舗も立派なものを構えている輸出専門店も同様です。

 

今すぐ買取相場を見てみる

 

ハイエースは海外でなぜ人気があるのか?

ハイエースは海外で人気ということですが、海外といってもアメリカやヨーロッパ諸国などの先進国のことではありません。

いわゆる発展途上国など国自体があまり発展していない、あるいはあまり経済状態がよくない国に好まれる傾向があるのです。

これはその国で国産車がないとか、いい車がないということもありますが、一番の理由は使用に耐えられる車がないということです。

こういった国の道路は都市部は部分的に舗装されていますが、少しでも都市部から離れてしまうと砂利道など未舗装の道路が多くなります。

そういったところを走ることが多くなるわけですから車自体にもかなり負担がかかり、軟なつくりがされている車では数年で壊れてしまうのです。

それからこういった国では車を趣味として、あるいはステータスシンボルとして乗ることはなく、移動するための手段、荷物を運ぶための道具として使うため、壊れて使えなくなるまで長い期間乗り続けることが多くなります。

それに中古車といっても日本から輸入してくるわけで決して安い買い物ではありませんので、より一層、長い期間乗り続ける必要があるのです。

要するにそういった利用に耐えられるだけの性能や耐久性を持っている車が一番好まれるわけで、それをいろいろな車にあてはめてみると荷物運搬重視、多人数の人間を移動させることを重視とするならば、ハイエースが一番適しているということになるのです。

それから故障しにくくてもやはり壊れることがあるわけで、その場合、修理をする時に部品が必要な訳です。

そういった面でもハイエースは部品自体も丈夫ですし、トヨタならではの流用パーツが多いこと、中古部品の供給も楽なため、もてはやされているのです。

そしてもう1つ、世界で一番販売台数が多いトヨタの車ということで品質がいいと言う感覚もハイエースの人気を高める一つの理由として見ることができます。

 

ハイエースが過走行でも高く売れる理由

10万キロも20万キロも乗ってしまったハイエース、ハイエースは商用モデルですので、毎日毎日仕事に使われ、たくさんの荷物を運んで走っているわけですので、想定以上の走行距離になりこともよくあることです。

乗用車では通常年間10,000キロを想定した形でいろいろな判断をすることになりますが、ハイエースのような商用モデルは年間15,000キロから20,000キロぐらいとみるのが妥当だといわれるぐらい、どうしても走行距離が進んでしまいます。

こういったいわゆる「過走行」というのは中古車の価値としては非常に大きく作用するもので、同じ車で同じ年式でも距離が短いものと長いものとでは、中古車としての販売価格や買取店などでの買取金額に雲泥の差がつくこともあります。

そうなると商用バンで距離が進みがちなハイエースは、不利になるということになりますが、この車ではそれもあまり関係ないと思われます。

確かに10,000キロ走行と10万キロ走行では大きな金額の差が生まれることになりますが、例えば同じぐらいの価値観を持つ4ドアセダンモデルなどと比べると10万キロ走行のものの買取金額がかなりの違いが生まれます。

要するにハイエースは距離が進んでいても値落ちが少ないということです。

こうなる理由は過走行のハイエースでも高く買う人がいるからです。

ただ、それは日本国内ではなく、ハイエースの主要輸出先であるアジアやロシア、中東、アフリカなどの国々です。

こういった国では、日本のように車をデザインで選んだり、走行性能の高さで選ぶことはなく、とにかく安く、長い間乗るつづけることができる耐久性とたくさん荷物が載せられる、たくさん人が乗れるということだけを見て車を購入します。

特に発展途上国では積載重量とか定員という概念が全くありませんので、5人乗りで1トン積みモデルだとしても1.5トンだろうが2トンだろうが荷室に詰め込めるだけ荷物を積みますし、人間も5人など問題外で、荷室に座り込んで10人も20人も乗ることができるのです。

これにピッタリなのがハイエースであるためちゃんと走ってくれれば10万キロでも20万キロでも喜んで買っていくのです。

こういった需要があるのであれば買取側としても走行距離にあまりこだわらずにとりあえず走れる状態であれば高値で買い取ってくれるというわけです。

 

今すぐ買取相場を知りたいなら

買取業者をじっくり選んで最高額で売りたい

それなら“それぞれに強みを持った複数の買取業者で査定をしてもらう”のがオススメです。

カーセンサーの一括査定は最大30社の大手買取専門店、中古車販売店、輸出業者が競争入札!

国産車から輸入車、軽自動車まで、どんな車種でも廃車や事故車でも高価買取が期待できるのが強みです。

買取業者を選べばしつこい営業電話もないので、買取相場を知りたいかたも気軽にご利用いただけます。

今すぐ買取相場を見てみる


blank

blank

-ハイエースのまとめ

© 2020 車のまとめ